口腔外科総合研究所

口腔外科総合研究所  トップページ
口腔外科とは?
口腔外科って何?
口腔外科の病気
どんな診察をするの?
具体的な症例
親知らず
顎関節症
口腔がん
口臭治療
インプラント
ドライマウス
contact
口腔顔面痛
無料相談室etc.
相談室へのお問い合わせ
口腔外科無料相談室
相談内容検索2
相談内容検索1
リンク集
サイト運営について
当サイトへのリンク
サイト運営者
施設紹介
患者様の声
診療時間/アクセスマップ
医院へのお問い合わせ

相談内容検索1 口腔外科総合研究所

相談内容検索1



質問内容 年齢 性別 相談日
口の底の部分の左右、唇の裏、舌の裏から横にかけて腫れて痛みが続いています 40代 男性 2012年4月2日

【相談者】2012年4月2日  男性 M
こんばんは。初めて相談させていただきます。よろしくお願いいたします。2週間程前から下の内側の歯茎より下の口の底の部分の左右、唇の裏、舌の裏から横にかけて腫れて痛みが続いています。首のリンパ腺も腫れています。その間、耳鼻咽喉科でヘルペス、皮膚科でカンジダと診断されたのですが、どちらも違う様で、症状は治まりません。現在皮膚科で炎症を抑える塗り薬をつけています。

現在の症状は、口の底の部分の左右は、部分的にボコっと盛り上がって硬く、表面はただれていて、舌の横と歯茎はただれています。このような症状から考えられる病気は何があるでしょうか?よろしくお願いします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也
口腔粘膜が荒れる病気としてはヘルペス性口内炎、帯状疱疹、多形性浸出性紅斑、天疱疹、頬天疱疹、懐死性潰瘍性口内炎、水癌などがあります。水癌は癌ではなく、細菌感染により粘膜や筋肉などに潰瘍が生じる病気です。

これらの原因はウイルスや細菌の感染、アレルギー、自己免疫疾患とさまざまで、症状も水泡ができて破れびらんが生じるもの、びらん、潰瘍壊死、壊瘍が生じるものなどがあります。

また、両側の口底部が腫れていることから、ドライマウスによる唾液腺炎が併発している可能性もあります。糖尿病や自己免疫疾患、低栄養状態、エイズ、癌、肝硬変、腎不全、ステロイド剤や免疫抑制剤の服用などがある場合、口腔粘膜の症状が悪化しやすくなります。

どのような症状でいかなる原因が疑われるのかについては、実際に診察をした医師でないと判断できません。既に治療を受けられているのですから、効果がみられないことを担当医に伝えるとよいでしょう。その点を考慮のうえ、今後の検査や治療法を具体的に検討していただけると思います。

【相談者】2012年4月3日  男性 M
早々の返信ありがとうございました。再度ご相談があるのです。よろしくお願いいたします。現在、デキサルチンという薬をつけて様子を見ている状態です。口角が切れて唇も荒れていたようですが、その薬で唇のほうはだいぶ良くなってきました。

回答の中にあったステロイド剤の服用などで口腔粘膜が悪化しやすくなるとの事でしたが、一年程前まで、円形脱毛症の為に、かなり強いステロイド剤を約2年程服用していた事があります。その薬の影響は考えられますか?服用を止めてから一年程たちますが、どうでしょうか?よろしくお願いいたします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也
ステロイド剤の服用終了後1年が経過していることから、その影響はないと考えます。


COPYRIGHT(C)2013 口腔外科総合研究所 ALL RIGHTS RESERVED.